“出会いに感謝”

   
 肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。一年の後半に入り、一つ一つの行事を終えていき、顔立ちがまた少しお兄さん、お姉さんらしくなったような気がします。
 10月になり、かわいいお客様がたくさん幼稚園を訪れました。その小さいお客様を見る園児たちの表情が何とも言えません。年齢は、それほど変わらないはずですが、「かわいくてたまらない」「何かお手伝いをしたい」という気持ちを醸し出しています。
 先日の体験入園では、年長組はもちろんのこと、年中組や年少組の子どもまで、小さいお友達がお部屋に来ることを楽しみにし、お兄さんお姉さんとして、一人ひとりに寄り添い、はりきってお世話をしている様子が見られました。お部屋の先生たちも、子どもたちのやさしく接する姿がすばらしかったことを、口々に話してくれました。縦割りならではの光景ですね。微笑ましい時間が過ごせたようです。来年度、たくさんのお友達に出会えることを楽しみにしています。
 11月に入りますと、すぐにエンジェル祭です。子どもも保護者の皆様も楽しめる企画を準備しています。楽しい一日になりますように。
 
                                     
 
    園長 金子 佐智子  

        きょうに どきどき
              あしたに わくわく   ( 晴佐久神父様 )
  
          まいにちに かんしゃ
                かみさま ありがとう   ( カネコ )